先進技術を追求し、さらなる進化を

ー品販売 プラチナ/万年筆 センチュリー 61-4 アカブライヤー太字/PTB-30000BN-万年筆




【仕様】
プラチナ#3776シリーズとは
2013年6月、日本の富士山が世界文化遺産に登録されました。
#3776シリーズは、日本最高峰の品質を目指し、富士山の標高を表わす数字にちなんでつけられ、そのペン先は 富士山を二重に重ねたデザインとなっています。
ベースになった万年筆は、昭和53年、作家で万年筆コレクターの、故梅田晴夫氏が中心とする研究グループとともに「理想の万年筆」を目指して開発したプラチナ#3776。
梅田氏は30年間、月平均180枚の原稿を万年筆で筆記し、1、000本にも及ぶ万年筆コレクションの中から導き出した条件を実現させた万年筆です。
富士山の標高を製品名に取り入れた事でもおわかりいただけるように、日本を代表する美しい日本文字のための万年筆です。
この#3776も発売から現在まで改良を重ね色々な意見を聞きながら技術を蓄積してきました。
ブライヤー
ブライヤーは、地中海沿岸地方原産のエリカ・アルボリアというヒース科の落葉低木です。
パイプやステッキの柄にも使われるため、熱に強く硬いという特徴があります。
25年~100年を経た株の塊状のこぶ(burl:バール)を使い、万年筆を作ります。
木目の美しさに人気があり、使うほどに光沢が出て、愛蔵の1本になります。
プラチナ万年筆ではこの部材を薄く成型し、軸のすべてがブライヤー(除くカバー部分)としています。
よくご覧頂きますと、その天冠部分の小さい部分までアール(曲面)加工を施しており、時々店頭において、メーカーの技術者の方からその製法について不思議がられるほどです。

●ペンポイント:太字

●ペン先:大型14K(14-20)

●仕様:ブライヤーボディーに拭き漆仕上げ

●寸法:全長146.9×最大径15.2mm

●重量:25.6g




【検索用キーワード】
ぷらちな PLATINUM プラチナ万年筆 プラチナ萬年筆 万年筆 センチュリー アカブライヤー太字 マンネンヒツ センチュリー アカブライヤーフトジ プラチナ#3776シリーズ 1本 PTB-30000BN 61-4 PTB30000BN 614   筆ペン、万年筆、デスクペン 万年筆

ー品販売 プラチナ/万年筆 センチュリー 61-4 アカブライヤー太字/PTB-30000BN-万年筆